Equipment

バスキュラーアクセスの診断の基本は、実際シャントを「見て」「触って」「聴く」ことですが、バスキュラーアクセスの診断をより詳しく行うために、超音波検査装置と、DSAが可能な透視装置を導入いたしました。診察だけではどうしてもわからない場合や、確認を必要とする場合に有効に活用しています。

GE-OEC Medical Systems
Series 9800

【 モービルCアームシステム 】
コンパクトでありながら高画、高機能の透視装置。DSAの機能を持つため、シャントの血管造影、PTAに威力を発揮する。手術室に常備しており、手術後にPTAを施行することも可能。

東芝メディカルシステムズ
X a r i o

【 超音波検査装置 】
高画質の超音波機器で、シャント血管の狭窄や閉塞はもちろんのこと、血流量や血流パターンを解析することで、シャントトラブルの早期発見に有用。

© copyright Haruguchi Clinic | All Rights Reserved